■文京区の電気設備のお悩みを電気工事のプロが解決

電気工事110番 エアコン工事、テレビアンテナ工事、漏電調査・改修、LAN配線工事 確実・迅速に解決!照明器具取換え工事3,000円から

■迅速・着実な施工で文京区の電気工事を行います

あらゆる電気工事に対応させて頂きます!

各種クレジットカードがご利用いただけます

■文京区のお悩み・トラブルを解決できるように尽力いたします

お電話で今すぐ相談する 0800-805-8095

■文京区で電気工事110番が選ばれる理由

様々な設備に対応

様々なお悩みを解決

電気設備は一般家庭で日常的に使われているものから、高圧電流を使った設備まで様々な物があります。どこかが故障するたびに電気工事業者を探すのは大変ですが、電気工事110番にお任せいただければ様々な設備のトラブルを解決いたします。

24時間受付対応

いつでも相談可能です

少しでも多くのトラブルを解決できるように、相談窓口は24時間年中無休で稼働しています。電気は24時間使用されていますので、いつどこでトラブルが起きるかわかりません。そんな状況でもスムーズな受付対応が可能です。

確実・丁寧な対応

安全に工事を行います

漏電修理や電気工事を行うときには、感電などの危険がつきまといますが、電気工事のプロが細心の注意を払って作業しますので、安全に工事を進めることができます。また、ご依頼には迅速に対応していますので、素早く問題を解決します。

高品質サービス

お客様からも高評価

安全で正確な電気工事はもちろんのこと、お客様へのご説明や、受付スタッフの対応にも気を配り、より高品質なサービスが提供できるような取り組みを続けています。照明の取り付け1個から丁寧に対応しますので、どんなことでもご相談ください。

お電話で今すぐ相談する 0800-805-8095

■電気工事110番ご利用の流れ

お悩みを相談

お悩みを相談

相談窓口は24時間体制ですので、電気設備の故障や交換に関するお悩みはいつでもご相談ください。年中無休で皆様からのお問い合わせをお待ちしています。

現地でのお見積り

現地でのお見積り

ご相談頂けましたら、文京区の加盟店をご紹介いたします。その後のお見積りまで無料※1となっていますので、どなたでもお気軽にご相談いただけます。

ご検討

ご検討

弊社ではわかりやすい料金体系に加えて、正式なお見積りの後に追加料金※2が発生しない明朗会計となっています。そのため、費用面について不安を抱く事無くご検討いただけます。

作業日確定

作業日確定

作業日につきましては、お客様のご都合に合わせて決定しています。お急ぎの場合には即日対応や祝祭日、深夜・早朝の作業についてもご相談いただけますので、遠慮せずに、ご希望の日程をお伝え下さい。

電気工事の開始

電気工事の開始

電気工事のプロが文京区で作業を開始します。ご不明な点があれば、わかりやすくご説明し、一つ一つ丁寧に作業を行います。安心してお任せください。

お支払い

お支払い

すべての作業が完了しましたら、最終確認をしていただき、問題が無ければ費用をお支払い※3いただきます。作業後にもご質問やご不明点などがありましたらお気軽にお尋ねください。

※1対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます
※2お見積もりに含まれていない作業を追加される場合は、費用が加算されることもございます
※3対応加盟店によっては、作業開始前に費用をお支払いいただく場合もございます

お電話で今すぐ相談する 0800-805-8095

■主な対応エリア
江戸川橋/春日/後楽園/護国寺/新大塚/千石/千駄木/東大前/根津/白山/本郷三丁目/本駒込/茗荷谷/本郷/小石川/湯島/大塚/後楽

■電気工事についてよくあるご質問

よくあるご質問

【お客様の不安を取り除きます】

■突然のトラブルもご相談いただけます

私たちは、常に何らかの電気機器を使用しています。それだけに、電気に関するトラブルはいつでも起きる恐れがあります。例えば、夜間にブレーカーが落ちてしまったり、休日にテレビが映らなくなったりすることもあるでしょう。

そのようなときは、まずは電気工事110番の相談窓口までお電話ください。弊社の受付スタッフが24時間365日体制で待機していますので、お客様のご相談にも速やかに対応できます。
ご相談内容に合わせて、対応可能な文京区の加盟店へ取次ますので、いつでもお気軽にご相談ください。

■各種電気設備の工事に対応

電気工事110番には、様々な分野を得意とする加盟店が揃っていますので、エアコンやアンテナ、照明機器など、ご相談の内容に合わせた電気工事のプロをご紹介することが可能です。

文京区には「業者に仕事を依頼したいけれど、対応してくれるのかわからない」というような不安を抱えている方もいらっしゃると思いますが、安心して相談窓口までお問い合わせください。
お客様のお悩みを解決できる電気工事のプロがお伺いします。

■電気工事のプロがお悩みを解決

電気工事は正確に作業をしなければ、感電や火災を招く危険な作業です。そのため、電気工事のプロに作業を依頼しても不安を感じる方は少なくありません。
そのようなお悩みを解決するために、まずは無料※で現地調査をおこない、現場の状況や作業内容について詳しく説明させていただきます。
施工についても安全で正確な施工を心がけていますので、安心して電気工事をお任せください。

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

■お客様が安心できるサービスを目指します

電気工事110番では、文京区の皆様も安心してご依頼いただけるようなサービスを目指しています。安全で確実な施工に加えて、いつでも相談できる窓口や、豊富なサービスメニュー、明朗会計など様々な取組みを続けています。

おかげさまで、弊社のサービスは文京区を始め全国のお客様よりご好評いただいています。しかし慢心せずに、さらなるサービス品質の向上を目指しています。お客様のご要望には、可能な限り対応しますので、どんなことでもお気軽にお申し付けください。

【電気工事・漏電修理はお任せください】

■漏電によるトラブル

漏電とは、本来正しい回路を流れるはずだった電流が誤った箇所に流れる現象のことです。漏電が問題になるのは、それが多くのトラブルを引き起こすからに他なりません。漏電を放置していますと以下のようなトラブルが発生するため、速やかに漏電修理などの対応をします。

▼停電
もしも漏電が発生しますと、それを検知して漏電ブレーカーが落ちます。そうすることで漏電も一時的に停止し、安全性が確保されます。その反面、停電によって家中の電気機器が使えなくなるという欠点もあります。

▼電気代の増額
漏電ブレーカーが故障していたり、老朽化していたりすると正常に働かないこともあります。また、古くから改修されていない家屋や納屋などには漏電ブレーカーが設置されていないこともあります。
常に電気が漏れ出している状態になりますと、電気代にも影響がでます。もしも急に電気代が増額されていた場合は、どこかで漏電が発生していることが原因かもしれません。お客様の安全のためにも、念のため点検や調査をしておくと安心です。

▼感電・火災等の発生
漏電はただ電気が漏れ出すだけではなく、恐ろしい2次被害も起こりますので早めに対処する必要があります。電圧が高い部分が漏電していれば、感電により大怪我を負うこともあり、最悪の場合命に関わる大事故に繋がる可能性があります。また、発火により火災が発生することもあります。

文京区でも漏電の放置は甚大な被害をもたらすこともあります。このような事態に陥らないように、漏電ブレーカーの設置や点検、そして漏電修理をしなければいけません。しかしその施工も危険を伴う作業ですので、必ず電気工事のプロにご相談ください。

■電気のトラブルを解決

文京区のご家庭や店舗、オフィスからも、電気に関する数々の修理依頼が寄せられています。電気工事110番では下記のようなトラブルの解決を含め、様々なお悩みを解決しています。電気設備のトラブルはどんなことでもご相談ください。

▼ブレーカーが落ちる
ブレーカーが落ちる原因には、故障や電気の使いすぎが考えられます。
電気の使用量が契約アンペアを上回っている場合、電気の使用を控えるか、契約アンペアを変更する方法があります。アンペアを変更する場合、ブレーカーの交換が必要です。
電気の使用環境に問題がないにも関わらずブレーカーが落ちるときには、寿命や故障の疑いがあります。まずは、電気工事のプロに点検してもらいましょう。

▼照明器具の故障
照明器具の交換や増設作業で注意が必要なのは、施工に資格が必要になるものがあるということです。電源直結式の電気器具の交換は、電気工事士の資格が必要になります。文京区でも水回りの照明や屋外の照明などは電源直結式になっていることが多いです。無理な施工は事故の発生や法律違反になってしまいます。

▼LED照明の取り付け
従来の照明器具よりさまざまな面で優れたLED照明ですが、取り付けにはいくつかの注意点があります。
LED照明は調光機能に対応していないものもありますので、取り付ける前に使用環境を確認しなければなりません。また、周囲を覆ってしまうと熱により故障することがあります。

さらに従来の照明よりも重いため、設置場所が限定されることもあります。加えて蛍光灯型LEDを取り付ける際には、安定器を取り外す必要があり、施工には電気工事士の資格が必要になります。
LEDが取り付けられるか心配なときには、一個だけでも構いませんので、ご相談いただければと思います。

■生活のお悩みを解決

電気工事は電気設備の故障やトラブル以外にもさまざまな場所で利用されています。文京区で下記のようなお悩みを持つ方がいましたら、トラブルの程度を問わず、お気軽にご相談ください。

▼コンセントを増やしたい
ライフスタイルや労働環境の変化に伴い、コンセントの増設を検討されることもあるでしょう。電気工事110番では文京区の個人・法人問わずコンセント工事を受け付けています。また、コンセントにも豊富な種類がありますので、その選択についてもおまかせください。

▼スイッチを交換したい
「もっと使いやすいスイッチが欲しい」「部屋のスイッチの調子が悪い」そのようなときはスイッチ交換をご依頼ください。現代はスイッチも進化を遂げており、誰でも使いやすいユニバーサルデザインのスイッチもあります。お客様のご要望やご予算に合わせて、適切なスイッチをご提案いたします。

▼テレビ映りが悪くなった
既存のアンテナ破損、ズレによって、テレビが映らなくなることもありますが、アンテナの交換や、向きの調整で直せます。また、新築住宅でのアンテナ取り付け作業、BS/CS放送を見るためのアンテナ設置などにも対応しています。

▼LAN配線工事を依頼したい
「無線から有線に換えたい」「新築物件での施工を依頼したい」そのようなときも電気工事のプロにおまかせください。乱雑になりがちな配線工事も、すっきりと使いやすい施工を実現いたします。文京区の個人宅はもちろん、パソコンが必須のオフィスや店舗などの配線工事もおまかせください。

■電気についてのお悩みはどんなことでもご相談ください

こんな相談でも大丈夫だろうか?と思うことでも遠慮なくご相談ください。気になる費用のことなど、どんなご相談に対してもできる限り対応させていただきます。

▼DIYは可能か
無資格者による施工が許されている電気工事もありますが、間違った作業をすることで大きなトラブルや事故に発展することもあります。また、資格が必要だと知らずに素人で作業を進めてしまうと、違法行為とみなされることもあります。
「自分でやっても大丈夫だろうか」「簡単な工事でも心配」とお悩みの際には、いつでもご相談ください。
電気工事110番は、照明1個の交換からご相談いただけます。

▼修理か交換か
電気機器には、それぞれの耐用年数があります。それを超えてしまった機器は、修理してもすぐに故障してしまうため、新品への交換が推奨されます。
しかし、全ての機器の耐用年数を把握するのは難しいですし、修理して使える物なのか判断するのも難しいです。電気工事のプロにお任せいただければ、その機器の状態を把握し適切に判断いたします。

▼補助金は利用できないのか
自治体によって、特定の電気工事に対して補助金制度を設けていることがあります。例えば、エコのためにLED照明の工事が必要になるときや、地域の防犯のために防犯カメラを設置するときなどに補助金を申請することができます。文京区でも独自の補助金制度を設けていることがあります。しかし、適応されない工事をした場合、補助金制度が使えないこともあります。
補助金を使った電気工事を検討されているお客様は、事前に加盟店スタッフにお伝えください。



電気工事とは?おもな流れと資格、正しい業者の選びかた

■電気工事の種類

電気工事の種類には一般住宅・マンション・オフィスビルなどさまざまです。この章では、電気工事の種類を紹介していきます。

〇一般住宅の電気工事
一般住宅の電気工事は、おもに木造住宅で行うことが多く、壁や天井・柱に、コンセントや照明・スイッチを設置していきます。ほかにも、取り付けた機器に電気を送る「分電気」や、電気料金を測定する「電力量計」を電柱のコードからつなげることがあります。

〇マンションの電気工事
マンションの電気工事は、マンションがコンクリートの場合だと、床や壁に電気機器とつなげるためのコードを配線していき、コードを通すための穴を作ったりもします。

〇オフィスビルの電気工事
オフィスビルの電気工事では、一般住宅やマンションより配線が複雑化しており、スペースも広大です。オフィス用の照明器具を設置し、デスクではパソコンを使うことから電源コードを配線するなどをしなければなりません。

■電気工事は資格を持っていないとできない!

電気工事を自力でするには、「電気工事士」という資格が必要です。この章では、なぜ電気工事士を持っていないと電気工事ができないのか? 電気工事士といった資格はどういったものか? を説明していきます。

〇なぜ電気工事士を持っていないと電気工事ができないのか?
電気工事士を持っていないと施工ができない理由は、電気工事に危険性があるからです。ここでいう危険性とは、漏電・転落・火災などの事故のことで、これらの事故が起きる可能性がほかの工事よりあると考えられています。

さらに、「電気工事士法」という法律があり、簡単に説明をすると「電気工事をするときは資格を持っていてください」というようなことが書いてあります。このように、「実際に危険だから」「法律で定められているから」といった二つの理由から電気工事をするには電気工事士の資格を所持してないとできません。

〇電気工事士という資格はどういったものか?
電気工事士は、電気工事をするための資格で、一般住宅・マンション・ビルの電気設備を安全に行える、という証明でもあります。電気工事士には、一種と二種があり、一種では一般住宅・店舗を、二種では工場・ビルに携わる電気工事をすることができます。

■電気工事のおもな流れ

電気工事には一連の流れがあります。この段取りを踏んでいかないと電気工事に支障がでます。この章では、電気工事のおもな流れについて説明していきます。

ただし、この流れは業者に依頼をした場合の一般的な業務の一例です。そのため、業者に任せることが前提となることを踏まえておきましょう。

〇お問合せ
まずは電気工事を請け負ってくれる会社に電話・メールをします。だいたいどんな電気工事を依頼したいかを、ここで説明しておきます。具体的な説明はヒアリング時に伝えれば大丈夫です。

〇ヒアリング
電話をして「具体的にどんな電気工事をするのか」を担当の業者と話し合います。実際に工事する箇所を確認しながらでも問題ありません。そのほうが具体的にわかり、込み入った説明をしなくても業者であれば理解してもらえるでしょう。

〇見積もり
ヒアリングをもとに見積もりを行い、見積書を作成します。

〇着工
見積もりが終わったら電気工事に着手します。早いと1日で完了することもあります。

〇工事完了
電気工事が完了したら、業者が動作確認を行います。確認のために依頼者は動作確認に立ち会います。問題などが生じなければ工事完了となります。

■電気工事を依頼するときのポイント

電気工事を依頼するときに、どの業者でもいい、ということはありません。電気工事にも良し悪しがあります。そこでこの章では、電気工事を依頼するときのポイントを説明していきます。

〇見積もりはしっかりと出してくれるか
見積もりがあいまいに書かれていることはありませんか?そのような業者は怪しいので、再検討したほうがいいでしょう。詳細な見積もりが書いてあり、費用などの内訳も明瞭に記載されているのであれば、依頼する側としても安心できます。

〇工事内容を丁寧に説明してくれるか
ヒアリングや見積もりの時、工事内容を丁寧に説明してくれないと、「この業者、信用できないなあ。作業も適当にしそうで心配だ」と不安に感じます。また、質問に対して不明瞭な返答が返ってくる業者も信頼するのが難しいので変更しましょう。

電気工事110番 ご利用規約

お電話で今すぐ相談する 0800-805-8095

通話料無料で24時間365日全国受付します!スマホならココをタップして発信